プロテインの働きとダイエットへの効果

プロテインはたんぱく質のことで、たんぱく質は20種類のアミノ酸から構成されています。アミノ酸はたんぱく質から体内で作ることができるものとできないものがあり、9種のアミノ酸は身体の中では作られません。これらのアミノ酸を必須アミノ酸といい、食事メニューを考える上でも重要です。プロテインを摂取することは、単にたんぱく質を体内に取り込むということではなくて、必要なアミノ酸を体内に取り込んでいることになります。そして、プロテインの摂取はダイエットにどう関係するのでしょう。身体の主な部分はたんぱく質で形成されており、皮膚や爪、臓器、血液、髪の毛や筋肉などあらゆる部分に関係しています。適度に体を動かすと、体内のたんぱく質はエネルギーとして消費されます。プロテインダイエットでは、プロテインを取りながら運動をすることで増強した筋肉の基礎代謝を高め、脂肪が燃えやすくして行うものです。健康維持の上でも、必須アミノ酸を体内に取り入れることはとても重要な意味を持っています。必須アミノ酸は血管や血液の循環にも欠かせないものですし、肝機能や脳、神経系の働きに欠かすことはできません。プロテインの摂取は体のほとんどの部分に影響があるのは、たんぱく質が生命維持の基礎となる部分に重大な影響力があるためです。筋力がつくだけでなく免疫力も上がりますし、プロテインの摂取で集中力が上がったり、疲れから回復しやすくもなります。http://www.mistressastrid.com/